ニュース
2015年11月12日 15時18分 UPDATE

今夜がチャンス おうし座流星群

おうし座流星群が13日ごろピークを迎えます。週末にかけて天気は下り坂で、観測は今夜がおすすめです。

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp

 13日ごろは、おうし座流星群の北群がピークに。週末にかけて天気は下り坂で、観測は今夜がおすすめ。ほぼ新月なので、月明かりに邪魔されることなく、星空を楽しめそうです。

photo おうし座北流星群のイメージ図

おうし座「北」流星群がピーク おすすめは今夜

 おうし座流星群とは、毎年11月上旬を中心に活動が見られる流星群です。流れ星の数は少ないものの、他の流星群よりも「火球」と呼ばれる明るい流れ星の割合が高いと言われます。放射点が南北に分かれていて、「南群」は先週の6日ごろにピークを迎えました。

 「北群」のピークは13日ごろで、ピークを過ぎてもしばらく楽しめます。ただ、週末にかけては西から天気が下り坂ですので、観測は今夜がおすすめです。また、南群のピークの時は細い月が昇ってきましたが、今はほぼ新月。月の面でも今夜は好条件。月明かりに邪魔されることなく、星空を楽しめそうです。

さて、気になるお天気を見てましょう。

photo 12日21時から24時の天気分布予報(12日11時発表)

流れ星が見られそうな所は?

【北海道】

 今夜は日中よりも雲が広がりやすくなるでしょう。ただ、雲には隙間もあって、星が見える時間帯もありそうです。明日の朝にかけてはアメダスの8割近い地点で冬日が予想されていますので、観測の際は万全な寒さ対策が必要です。温かい飲み物などを用意するとよいでしょう。

【東北・北陸】

 全国の中でも星空指数の高いエリアです。太平洋側では夜は雲の増える所もありますが、日本海側はきれいな星空が期待できそうです。夜間は気温が0度近くまで下がる所がありますので、体を冷やさないよう、お気をつけください。

【関東・東海】

 今夜も晴れたり曇ったりで、観測に適しているとは言い難いのですが、雨雲がかかることはありません。雲に切れ間があったら、しばらく空を眺めてみるのもよさそうです。

【近畿・中国・四国】

 太平洋側は湿った空気の影響を受けやすく、雲が多いでしょう。日本海側のエリアはおおむね晴れて、観測によさそうです。ただ、西側のエリアはあすにかけて雨雲が近づきますので、なるべく早めの時間がおすすめです。

【九州・沖縄】

 厚い雲に覆われ、雨の降る所もあるでしょう。観測にはあいにくの天気となりそうです。

 なお、今月18日ごろはしし座流星群が見頃を迎えます。夜間は冷える時期ですが、クリスマスイルミネーションを前に、夜空に瞬く星々のイルミネーションを楽しんでみてはいかがでしょうか。

Copyright (C) 2016 日本気象協会 All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -