ニュース
2015年11月16日 18時58分 UPDATE

気象庁「特別警報」、緊急速報メールで配信へ

数十年に一度レベルの災害や火山の噴火が予想される際の「特別警報」が携帯電話向け配信に対応する。

[ITmedia]

 気象庁は11月19日から、数十年に一度レベルの災害や火山の噴火が予想される際に発表する「特別警報」をNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの携帯電話向けに配信する。

photo 気象庁のニュースリリースより

 NTTドコモは緊急速報「エリアメール」、KDDI、ソフトバンクは「緊急速報メール」で、対象地域のユーザーに対し同報配信する。既に「緊急地震速報」「津波警報」は対応しており、気象庁が発表する全ての特別警報が緊急速報メールで配信されることになる。

 「特別警報」は2013年8月に気象庁が運用をスタートした防災情報で、数十年に一度程度の大雨や暴風、高潮、波浪、暴風雪、大雪が予想される場合の「気象等に関する特別警報」と、居住地域に重大な被害を及ぼす火山の噴火が発生・予想される場合の「噴火に関する特別警報」の2つ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -