ニュース
2015年11月19日 09時14分 UPDATE

パリ同時テロ実行犯の連絡ツールは暗号化されていない素のSMS──英Telegraph報道

パリ同時テロの1つが発生したバタクラン劇場近くのゴミ箱から発見された実行犯のものとみられる携帯端末から、犯人同士が暗号化されていないSMSで連絡を取り合っていたことが明らかになった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 11月13日(現地時間)に起きたパリ同時テロの実行犯らの連絡手段はスマートフォンのSMSだったと、英Telegraph仏Le Mondeが仏警察当局の発表に基いて18日に報じた。

 isis Le Mondeの見出し

 Telegraphによると、89人が犠牲になったバタクラン劇場の近くのゴミ箱に、実行犯の物とみられる携帯端末が捨てられていたという。この端末を調べたところ、テロ開始直前の13日午後9時42分にSMSで「さあ、始めよう」というメッセージが送信されていた。

 この端末からはこの他、テロの主犯がISISのアブデルハミッド・アバウド容疑者であることも明らかになった(当局はそれまで、アバウド容疑者がシリアに潜伏していると考えていた)。こうした情報は、特に暗号化されることもなく、端末内に保存されていたという。

 パリ同時テロ発生後、通信手段の暗号化がテロの未然阻止を困難にしていると主張する向きがあるが、テロリストは暗号化されていないツールも使っていることが、これで明らかになった。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -