ニュース
2015年11月19日 14時28分 UPDATE

App Storeの検索アルゴリズムに変化? 精度が大幅向上か

App Storeの検索アルゴリズムに大幅な変更があり、アプリ検索精度が向上したようだ。

[深町卓史,ITmedia]

 米Appleはここ数日で、App Storeの検索アルゴリズムに大幅な変更を加えたようだ。11月3日からアプリ検索の精度が向上し、検索キーワードとの関連性が高いアプリが表示されやすくなった――と米TechCrunchなどが伝えている。

photo TechCrunchの記事

 App Storeでは従来、アプリ開発者が申請時に登録した100文字までの検索用キーワードに基づき検索結果を表示していた。だが今回、開発者が登録していないキーワードに対しても、関連性が高そうなアプリを検索結果に含めるようになったようだ。

 これにより、1つの検索キーワードに対して表示されるアプリ数が多くなったほか、検索自体の精度も高まったという。TechCrunchがこの件についてAppleにコメントを求めたところ、すぐに回答は得られなかったとしている。

 一方、App Storeの検索機能は確かに良くなったが、米Googleの「PageRank」のように高度な検索アルゴリズムを搭載したわけではなく、まだ改善の余地がある――という指摘もある。

photo WWDC 2015に登壇したティム・クックCEO

 Appleは6月に開いた開発者会議「WWDC 2015」で、App Storeの登録アプリが150万を超えたと発表した。巨大化するストアの中で優秀なアプリが埋没してしまうことを防ぐため、ランキングに依存しない検索機能を強化しようとしているのかもしれない。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Rumors- 注目のうわさランキング

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -