ニュース
2015年11月19日 17時19分 UPDATE

ウェアラブルは「着る」から「貼る」へ 筋肉の動きを測定する「電子ナノ絆創膏」 早稲田大学が開発

皮膚に貼り付け、筋肉の活動を計測する「電子ナノ絆創膏」を早稲田大学が開発した。

[ITmedia]

 このほど早稲田大学の研究チームが、皮膚に貼り付けて筋肉の生体電気信号を計測する「電子ナノ絆創膏」を開発した。電気を通すプラスチック(導電性高分子)を使用し、接着剤を使わずに皮膚に貼れる。

photo

 腕に貼り付けると、屈伸運動に応じて筋肉の活動(表面筋電位)を瞬時に計測する。厚さは240ナノメートルと非常に薄く柔らかいため、のりや粘着性ゲルといった接着剤を使わず、運動時の伸縮や発汗でも、破れたりはがれたりしにくい。装着時の違和感もなく、はがす時の角質へのダメージも少ないという。

photo 医療用の「金属製電極パッド」と同等の精度

 「ロールtoロール」という印刷技術で大量製造も可能。平方センチから平方メートルまで、さまざまなサイズで製造する方法も確立したという。

 アスリートの運動計測から幼児、高齢者、障がい者のヘルスケアまで幅広い用途を見込む。より精巧な電子回路を実装したデバイスの開発も進め、ウェアラブルデバイスへの活用、義足・義手や装着型ロボットへの応用などを想定する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -