ニュース
2015年11月24日 15時45分 UPDATE

Microsoftに続いて容量無制限を終了:Adobe、写真用クラウドサービス「Revel」を終了へ 月額980円のプランへの移行を推奨

Adobe Systemsが、年額5200円で容量無制限の写真用クラウドストレージサービス「Adobe Revel」の提供を、容量2Gバイトの無償版とともに2016年2月23日に終了する。同社はユーザーに、月額980円で容量2Gバイトの「Adobe Creative Cloud フォトグラフィプラン」への移行を推奨している。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Adobe Systemsは11月19日(現地時間)、写真保存用クラウドサービス「Adobe Revel(旧Adobe Carousel)」の提供を2016年2月23日に終了すると、Adobe RevelのWebページで告知した。ユーザーにも同日、告知メールが届いた。

 regel 1 Adobe Revel終了の告知

 Adobe Revelは、同社が2011年9月にAdobe Carouselとして立ち上げ、2012年1月に名称変更した画像保存サービス。毎月50件までの写真とビデオをアップロードできる無償版と、容量無制限で年額5200円(月額500円)の有償版(Revel Premium)がある。

 AdobeはRevelのすべてのユーザーに対し、サービス終了までに「Adobe Creative Cloud フォトグラフィプラン」へ移行(Lightroomへインポート)するよう勧めている。移行方法の説明はこちら。コンテンツに付けられたコメントのデータは移行できない。

 Adobe Creative Cloud フォトグラフィプランには無償版はなく、月額980円で、Adobe Photoshop Lightroom CC、LightroomモバイルおよびLightroom Web、Photoshop CC などが含まれる。ストレージ容量はわずか2Gバイトだ。月額3980円のCreative Cloudコンプリートプランのストレージ容量は20Gバイト。

 revel 2 Creative Cloudの各プランのストレージ容量

 サービス終了までのスケジュールは以下の通り(米国時間)。サービスが終了しても、5月24日までファイルのダウンロードは可能だ。

  • 2015年11月20日:すべてのアプリストアからRevel削除
  • 2016年2月23日:サービス終了。アプリへのサインインができなくなる
  • 2016年5月24日:ファイルダウンロード最終日

 AdobeはRevel終了の理由を特に説明してはいない。米Microsoftも今月初旬に、クラウドサービス「OneDrive」の容量無制限サービスの終了を発表している。

 解像度を落としたもの、という条件はついているが、米Googleの「Googleフォト」ではモバイル端末で撮影した写真の自動アップロードについては容量無制限で保存できる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -