ニュース
2015年12月01日 16時08分 UPDATE

「Ustream」アジア法人が撤退へ 米本社での直接運営に

Ustream Asiaがライブ映像配信サービスから撤退。米本社での直接運営へと移管する。

[ITmedia]

 米Ustreamのアジア法人・Ustream Asiaは12月1日、日本や韓国などのアジア地域で提供していたライブ映像配信サービス事業から撤退すると発表した。来年2月1日に米国本社での直接運営へと移行するという。「商品体系を全世界で統一するため」としている。

photo Ustream日本版

 Ustream Asiaは、ソフトバンク(現ソフトバンクグループ)と米Ustreamの合弁会社として2010年5月に設立。都内に「Ustreamスタジオ」を設置するなど積極的な日本展開を行っていた。

photo Ustream Asia公式サイト

 国内の現ユーザーに向けては、運営移管後も同様にサービスを使えるよう準備しているという。また「Ustream Bizプラン」など一部サービスの利用者には、個別に担当者から案内するとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -