ニュース
2015年12月01日 19時46分 UPDATE

「サンダーバード2号」的な分離式ジェットが現実に? しかも旅客機 Airbusが特許取得

「サンダーバード2号」的な分離式航空機が現実のものになるかもしれない。Airbusが取得した特許からそんな憶測が飛び交っている。

[大村奈都,ITmedia]

 航空機大手の仏Airbusが、客室部分が分離・合体する「サンダーバード2号」のような新型ジェット旅客機の開発に乗り出すかもしれない。同社がこのほど取得した米国特許からそんな憶測が飛び交っている。

photo 客室部分がすぽっとと取り外せる(特許資料より)

 取得したのは、航空機の客室部分をコンテナ状の「モジュール」として着脱式にすることで、離着陸時の乗降時間を短縮するという特許。航空機の中央に空洞を設け、客室モジュールをすぽっとはめ込むことで全員が搭乗できるというものだ。目的地への到着時はその逆に、客室モジュールを飛行場のターミナルに移動するだけで全乗客が一斉に降りられる。

photo 搭乗イメージ

 この内容が実現すれば、乗客は「搭乗ラウンジで延々と時間を潰し、飛行機がターミナルに横付けされてから通路を長々と歩かされる」という不便さから解放される。空港内の指定席で待機していれば、そのままシートが飛行機にドッキングし、すぐに飛び立てるというわけだ。

 メリットを享受できるのは乗客だけではない。空港の過密スケジュールの中で各機の乗降時間が数分間でも短縮できれば、空港全体としては大きな効率向上につながる可能性がある。「サンダーバード」シリーズに登場する「サンダーバード2号」のような機体が空港に並ぶ姿が見られる日も遠くない――かもしれない。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Rumors - 注目のうわさランキング

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -