ニュース
2015年12月07日 12時28分 UPDATE

Google Chromeのプッシュ通知機能、ボタン設置が可能に

Google Chromeのバージョン48βがリリースされた。プッシュ通知機能に、リマインダー設定やサービスの呼び出しなどが可能なボタンを追加できるようになった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは12月3日(現地時間)、Webブラウザ「Chrome」のWindows、Linux、Mac、Android、Chrome OS向けバージョン48βをリリースしたと発表した。

 このアップデートで、バージョン42からWebオーナー向けに提供されているプッシュ通知機能に、ユーザーがクリックできるカスタムボタンを追加できるようになった。

 プッシュ通知は、「Push API」と「Notifications API」を使ってChromeのユーザーにプッシュ通知を送る機能。例えばオークションサイトで入札した商品の動向などが、そのサイトのページを閉じていても届くようになる。

 この通知ウィンドウに、ユーザーが選択できる複数のボタンを追加できるようになる。例えば気象情報サイトからの明日の天気予報通知に、傘を忘れないよう当日プッシュ通知するよう設定するボタンや、タクシーを手配するボタンを追加できる。

 chrome プッシュ通知内ボタンの例

 Googleによると、Chromeでは1日当たり3億5000万件以上のプッシュ通知が送信されているという。

 Chrome 48 βのAndroid版ではこの他、「Presentation API」と「Cast Web SDK」を使ってWebサイトをGoogle Cast端末にキャストできるようになった。また、端末のアクセス環境に応じて表示するWebサイト構成要素を減らすことでパフォーマンスを保つ開発者向けの機能も追加された。

 Chrome 48の安定版リリースは来年1月初旬の見込みだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -