ニュース
2015年12月09日 07時30分 UPDATE

Adobe、Flash Playerの更新版公開 78件の脆弱性を修正

特にWindowsとMacでは危険度が高いとされ、Adobeはできるだけ早く最新版に更新して脆弱性を修正するよう呼びかけている。

[鈴木聖子,ITmedia]
flashsec01.jpg

 米Adobe Systemsは12月8日、Flash Playerのキュリティアップデートを公開し、膨大な数の脆弱性を修正した。

 同社のセキュリティ情報によると、今回のアップデートでは78件の脆弱性を修正した。解放後使用やメモリ破損など、危険度の高い脆弱性が大半を占めている。悪用された場合、攻撃者にコードを実行され、システムを制御される恐れがある。

 特にWindowsとMacでは危険度が高いとされ、Adobeはできるだけ早く最新版に更新して脆弱性を修正するよう呼びかけている。

 脆弱性を修正した更新版は、WindowsとMac向けのデスクトップ版がバージョン20.0.0.228と20.0.0.235、延長サポート版が同18.0.0.268、Linux向けが同11.2.202.554となる。AIRはAndroid版とデスクトップ版、SDKのバージョン20.0.0.204が公開された。

flashsec02.jpg 膨大な数の脆弱性が修正された

 Google ChromeとMicrosoftのEdgeおよびWindows 8.x/10に搭載されたInternet Explorerでは、Flash Playerも自動的にバージョン20.0.0.228に更新される。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -