ニュース
2015年12月11日 12時31分 UPDATE

Facebook、ディープラーニング向けハードウェア設計をオープンソース化

人工知能研究ラボを持つFacebookが、自社開発したディープラーニング向けハードウェア「Big Sur」の設計をデータセンター技術のオープンソース化プロジェクト「Open Compute Project(OCP)」でオープンソースで公開する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebookは12月10日(現地時間)、同社の機械学習関連研究機関「Facebook AI Research(FAIR)」で開発し、実際に活用しているディープラーニング解析用のハードウェア「Big Sur」の設計をオープンソース化すると発表した。

 ocp 1 Big Sur

 Big Surは、大規模なAI(人工知能)コンピューティング向けに設計した同社の最新のオープンラック式ハードウェア。米NVIDIAがディープニューラルネットワーク向けに設計した高性能な「Tesla M40 GPU」を8個搭載し、先代の同様のハードウェアの2倍高速という。

 ocp 2 NVIDIA Tesla M40

 Facebookは、2013年に立ち上げたデータセンター技術のオープンソース化プロジェクト「Open Compute Project(OCP)」のWebサイトでBig Surのデザインを公開する計画。

 ocp 3 Open Compute Projectの「Specs & Designs」ページ

 同社はこれまでも多数のハードウェア設計や開発ツールをオープンソース化している。機械学習関連では、1月にディープラーニング開発環境「Torch」向けモジュールをオープンソースで公開した

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -