ニュース
2015年12月14日 07時00分 UPDATE

Apple、iTunes更新版を公開 Yosemiteアップデートも再び

iTunes 12.3.2ではWebKitに存在する12件の脆弱性を修正した。OS X Yosemite向けのセキュリティアップデートが再リリースされた理由については説明していない。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Appleは12月11日、Windows版iTunesの脆弱性を修正した更新版の「iTunes 12.3.2」を公開した。また、OS X Yosemite(10.10.5)向けのセキュリティアップデートを再リリースした。

aplesec01.jpg iTunesとOS X Yosemiteのアップデートが公開

 Appleのセキュリティ情報によると、iTunes 12.3.2ではWebKitに存在する12件の脆弱性を修正した。悪用された場合、攻撃者が悪質なWebサイトをユーザーに表示させ、任意のコードを実行できてしまう恐れがある。iTunes 12.3.2はWindows 7以降に対応する。

 OS X Yosemite向けのセキュリティアップデートは「2015-006」が11日付で公開された。Yosemite向けのアップデートは8日に「2015-005」が公開されたばかり。2015-006の内容についてAppleは「セキュリティアップデート2015-005 Yosemiteの内容が含まれる」とのみ説明している。

aplesec02.jpg Yosemiteのアップデートは再公開か

 再リリースされた理由は不明だが、ユーザーの間では、2015-005に不具合が見つかってAppleがいったんアップデートを撤回し、改めて2015-006として公開したのではないかという推測も出回っている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -