ニュース
2015年12月14日 19時30分 UPDATE

「信長の野望」3Dマップ技術、大河ドラマ「真田丸」に活用

コーエーテクモゲームスが、ゲーム「信長の野望・創造」に使われたCG技術を、NHKの大河ドラマ「真田丸」に提供・監修する。

[ITmedia]

 コーエーテクモゲームスは12月14日、ゲーム「信長の野望・創造」で使われるCG技術を、来年のNHK大河ドラマ「真田丸」に提供すると発表した。同ゲームシリーズをプロデュースするシブサワ・コウさん(襟川陽一社長)が監修する。

photo

 2013年発売の「信長の野望・創造」で登場した、戦国時代の日本を再現する「フル3D 全国一枚マップ」のCG技術を提供。ドラマ内で戦況説明などに活用されるという。

photo 戦国時代の日本をフル3Dで再現(出典:公式サイト

 「真田丸」は、来年1月10日に放送スタート。脚本は三谷幸喜さんが担当し、主人公の真田信繁(幸村)を堺雅人さんが演じる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -