ニュース
2015年12月21日 15時10分 UPDATE

五輪組織委、旧エンブレム応募者100人のメアド流出 BCCを誤ってTOに

東京五輪の組織委が送信したメールで、旧エンブレムに応募していたデザイナー100人のメアドが流出。BCCにすべき宛先を誤ってTOで送信していた。

[ITmedia]

 2020年東京五輪・パラリンピックの組織委員会が、白紙撤回された旧エンブレムの選考に応募したデザイナー100人のメールアドレスを流出させていたことが分かった。12月21日午前に応募者に一斉送信したメールで、担当者が誤って全員に「TO」で送信したため、全員分のアドレスが分かるようになっていた。組織委は「誠に申し訳ない」と謝罪している。

画像 応募者100人のメールアドレスがTOに入っていた
画像 組織委員会が応募者に送ったメールの内容

 旧エンブレムは、指定のデザイン賞を複数回受賞している実績を条件として募集。104作品(海外4作品含む)の応募があり、アートディレクターの佐野研二郎氏の作品が選ばれた。応募者名は公表されていなかった。

 メールは、応募者のうち日本人100人に送られたもので、旧エンブレム選考過程について外部有識者による調査結果などを報告する内容。BCCで送るべきところを担当者が誤ってTOで送ってしまったため、応募者がほかの応募者のメールアドレスが見られる状態になっていた。

 組織委は同日午後、改めて受信者全員にメールを送信。「本来ならばBCCで送るべきところをTOにして、本人以外のアドレスが見える状態で送ってしまった」と説明し、謝罪した。また、前のメールを削除するなど「他の方のメールアドレスが今後利用されないよう取り計らいいただきたい」と求めた。

 旧エンブレムの選考をめぐっては、事前に参加を要請していた、佐野氏を含む8人のデザイナーの作品について、1次審査に通過させるよう不正な投票があったことが、外部有識者による調査で判明したばかり。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -