ニュース
2015年12月21日 15時33分 UPDATE

鳥獣戯画の動物がフィギュアに しかも実用的 バンダイがガシャポン「鳥獣机画」

「鳥獣戯画」に登場する鳥獣がバンダイのガシャポンに。スマホスタンドなどにもなる実用性も特徴だ。

[ITmedia]

 「鳥獣戯画」に登場するウサギや猫のフィギュア「鳥獣机画」をバンダイが1月下旬から、カプセル自販機専用商品(ガシャポン)として順次販売する。絵巻に描かれた鳥獣を再現した上でスマートフォンスタンドやメモ立てなどとして使える実用性も特徴だ。1回300円(税込)。

photo
photo カエルはスマホスタンドに

 鳥獣戯画(「鳥獣人物戯画」とも。国宝)は、平安後期〜鎌倉期に制作されたと考えられている絵巻物。擬人化された鳥獣が伸びやかな線で描かれた魅力的な絵が特徴で、“最古の漫画”などとも呼ばれ、故・手塚治虫さんがNHK「日曜美術館」でその魅力について語ったこともある。

photo
photo ウサギはメモ立て

 机の上で楽しめる「鳥獣机画」(ちょうじゅうきが)は、登場する鳥獣を高さ約40ミリでフィギュア化。作品を所蔵する高山寺(京都市)が監修し、独特のタッチを最大限再現しているという。

 全6種で、2種ずつが対になっており、並べると鳥獣戯画の場面を再現できるようになっている。

 開発したのは入社1年目の女性社員。「鳥獣戯画が女性の間で人気が高まっており、今年都内で開催された「鳥獣戯画展」は3〜4時間待ちで、見たくても見られない人も多いと聞き、いつでも見られて飾って楽しめる鳥獣戯画があれば!」と企画がスタートしたという。

photo
photo 猫はペン立て
photo
photo キツネはヘアゴムかけ
photo
photo ふちに座るウサギ
photo
photo クリップかけになるカエル

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -