ニュース
2015年12月25日 14時06分 UPDATE

90年代のDTM音源がソフトウェアで復活 ローランド「SOUND Canvas VA」

ローランドは、90年代のDTMの定番音源「SOUND Canvas」をWindows/Mac対応のソフトウェアにした「SOUND Canvas VA」を発売した。

[ITmedia]

 ローランドは、1990年代のコンピュータミュージック用音源「SOUND Canvas」シリーズを再現したソフトウェア音源「SOUND Canvas VA」として発売した。価格は1万5120円(税込)。同社公式ストアからダウンロード購入できる。

photo SOUND Canvas VA

 1600音色/63ドラムセットを搭載し、16パートの楽器を同時に鳴らせるGS互換音源。DAWソフトのプラグインとして動作し、VSTiとAUプラグインフォーマットに対応する。

 音の残響や広がりを変化させる「リバーブ」、「コーラス」、「ディレイ」、音質を変える「EQ」などのシステムエフェクト、64種類のインサーションエフェクトを内蔵するほか、音色を細かく調整できる「TONE EDITOR」も搭載する。

photo TONE EDITOR

 音色配列は「SC-8820」「SC-88Pro」「SC-88」「SC-55」を搭載し、過去のハードウェア音源とも高い互換性を確保。ジャズやロック、ポピュラーなどのヒット曲から、フルオーケストラによる映画音楽、シンフォニーまで、過去の曲データを楽しめる。

 「SOUND Canvas」シリーズは、90年代にDTM音源のデファクトスタンダードとして音楽制作に使われたハードウェア。現在もゲーム音楽やカラオケデータ、楽曲制作などに使われており、利用者の要望を受けてDAW用プラグインとして発売する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -