ニュース
2016年01月02日 06時55分 UPDATE

Oculus、コントローラー「Touch」の発売を下半期に延期(Riftは予定通り間もなく予約開始)

間もなく予約受付がスタートするVR HMDの「Oculus Rift」専用コントローラー「Oculus Touch」の提供時期が、7月以降に延期された。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebook傘下のOculus VRは2015年12月31日(現地時間)、2016年第1四半期(1〜3月)中に予約を開始する予定の仮想現実(VR)ヘッドマウントディスプレイ(HMD)「Oculus Rift」の専用コントローラー「Oculus Touch」の提供を、下半期(7月以降)に延期したと発表した。

 Oculus Touchは、手の位置を検出するセンサーと複数のボタンが付いた左右一組のワイヤレスコントローラー。これを持つことで、Oculus Riftの画面に仮想の自分の手を表示し、コントローラー上のボタンで仮想の物体を持ったり、武器を使うことができる。

 rift 1 Oculus Touch(プロトタイプ)

 同社はTouchの提供時期延期の理由を、同製品の使い勝手や信頼性をより高くするためとしている。Oculus Touchの予約開始は、発売の数カ月前に始まる見込み。また、開発者向けのプロトタイプを増産しているという。

 rift 2 Oculus RiftとTouchを装着したFacebookのマーク・ザッカーバーグCEO。左はOculus VRのブレンダン・イリーブCEO

 なお、Riftの予約開始は予定通りという(具体的な開始日および販売価格はまだ発表されていない)。

 Oculus Riftの製品版には、米MicrosoftのXbox One用コントローラーと、それをWindows 10搭載端末と無線接続するアダプター同梱される見込みだ。

 Oculus VRの共同創業者、パルマー・ラッキー氏は自身のTwitterで「Riftの予約開始は新年明けてすぐに始まる」とツイートしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -