ニュース
2016年01月06日 10時01分 UPDATE

Samsungの「Surface Book」対抗ハイブリッド端末は「Galaxy TabPro S」

Samsungが、MicrosoftのSurface Bookと競合するWindows 10搭載のハイブリッド端末「Galaxy TabPro S」を2月に発売する。厚さ6.3ミリ、重さ693グラム(LTE版は696グラム)で、タッチパッド付きのキーボードカバーが付属する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 韓国Samsung Electronicsは1月5日(現地時間)、6日から開催の「CES 2016」に合わせ、Windows 10搭載のハイブリッド端末「Galaxy TabPro S」を発表した。2月に世界で発売する(日本で発売されるかどうかは不明)。価格はまだ発表されていない。

 tabpro 1 「Galaxy TabPro S」はCES 2016の会場で発表された

 Galaxy TabPro Sは、米Microsoftが2015年10月に発表した「Surface Book」や中国Lenovoの「ThinkPad X1 Tablet」などと競合するWindows 10搭載でタブレットとしてもノートPCとしても使えるハイブリッド端末。ディスプレイはThinkPad X1と同じ12インチで、フルサイズのキーボードとタッチパッドのついたカバーが付属する。ディスプレイはAMOLED(アクティブマトリクス式有機EL)で解像度は2160×1440ピクセル。

 厚さは米Appleの「iPad Pro」(6.9ミリ)より薄い6.3ミリで、重さは693グラム(カバーなしの重さ。カバー付きの重さは不明、iPad Proは713グラム。LTEモデルは696グラム)。

 tabpro 2 カバーにもなるフルサイズのキーボード+タッチパッド付き

 充電ポートはUSB Type-Cで、バッテリーは5200mAhだ。プロセッサは米Intelの第6世代2コアCore M(2.2GHz)、RAMは4GB、ストレージは128GBあるいは256GBのSSD。

 tabpro 3 主な仕様

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -