ニュース
2016年01月06日 12時13分 UPDATE

シャープ、複合機事業売却は「現時点で計画なし」 報道を否定

シャープは、同社が複合機事業を売却するという一部報道について「現時点で売却の計画はない」と否定するコメントを出した。

[ITmedia]

 シャープは1月6日、同社が複合機事業の売却を打診したという一部報道について「現時点で売却の計画はない」と否定するコメントを出した。

 同日付の産経新聞朝刊は、シャープがコピー機やファクスなど複合機事業の売却に向け、京セラなど国内の複数社に打診したと伝えた。

 シャープは報道について、「当社の発表に基づくものではない」とした上で、複合機事業は「現時点で売却の計画はなく、他社へ売却を打診した事実はない」とコメントした。

 また、同日付の日本経済新聞朝刊は、シャープの4〜12月期の連結営業損益が3年ぶりの赤字となり、通期の業績予想(100億円の営業黒字)を達成できるかは不透明だと報じた。

 シャープはこれに対し「液晶パネル市況の低迷など厳しい環境が続いている中、通期予想の達成に向けて取り組んでいる。今後、液晶パネル市況を見極める必要があるが、現時点で通期業績予想の変更はない」とした。4〜12月期の連結決算は2月初旬に発表する予定。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -