ニュース
2016年01月07日 15時51分 UPDATE

小島秀夫監督、“ゲームのアカデミー賞”殿堂入り

「メタルギア」シリーズで知られる元コナミのゲームデザイナー、小島秀夫氏が、コンピュータゲーム界のアカデミー賞とみなされるAIASのD.I.C.E. Awardに殿堂入りする。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 コンピュータゲームを推進する非営利団体Academy of Interactive Arts & Sciences(AIAS)は1月5日(現地時間)、「メタルギア」シリーズなどで知られるゲームデザイナーの小島秀夫氏を、第19回D.I.C.E. AWARDSで殿堂入りとすると発表した。授賞式は2月18日にラスベガスで開催する。賞を授与するのは開発中止になった「サイレントヒル」で小島氏とタッグを組むことになっていたギレルモ・デル・トロ監督だ。

 kojima 1

 AIASは小島氏を「メタルギアシリーズで知られ、ステルスゲームというジャンルの父と認められており、ビデオゲームに革新的な物語と映画作品のような映像をもたらした」として功績を讃えた。

 kojima 2 メタルギアシリーズ

 AIAS殿堂入りは同氏で21人目。日本人としては、宮本茂氏、坂口博信氏、鈴木裕氏に次ぐ4人目になる。

 小島氏は1986年にコナミにゲームデザイナーとして入社し、2015年12月に同社を“契約期間満了”で退社。同月ゲームスタジオ「小島プロダクション」を立ち上げ、現在はソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)との契約でPlayStation 4(PS4)向けの独占タイトルを制作中だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -