ニュース
2016年01月07日 16時35分 UPDATE

パナソニック、4K対応ビデオカメラ「HC-WXF990M」など3種 約10万円から

パナソニックが、4K撮影対応のビデオカメラ「HC-WXF990M/WX990M/VX980M」を発売する。

[ITmedia]

 パナソニックは1月7日、4K映像を撮影できるビデオカメラ「HC-WXF990M/WX990M/VX980M」を1月21日に発売すると発表した。実売予想価格は順に、14万5000円前後、12万5000円前後、10万円前後。

photo HC-WXF990M
photo HC-WX990M
photo HC-VX980M

 有効画素数829万画素の4K撮影に対応する。光学式の5軸ハイブリッド手ブレ補正、傾き補正などに加え、撮影後に手ブレ補正・編集できる新機能「あとから補正」を追加した。手ブレした4K映像をぶれの少ないフルHD映像に修正する「あとから手ブレ補正」、動き回る被写体を自動追尾する「あとから追っかけ」、4K映像の一部を切り出してズームのように見せる「あとからズーム」――などの機能を備える。

 4K30p映像から記録画素数約800万画素の静止画を切り出し、写真として残す「4K PHOTO」機能や、映像作品に映画のような効果を付ける「シネマライク機能」も利用する。

 WXF990MとWX990Mには液晶パネルの端にサブカメラを搭載し、メインカメラとは別角度での撮影が可能。ワイプ映像としてメインの映像に差し込める。サブカメラだけでなく、最大3台までスマートフォンともWi-Fi接続し、映像を子画面に表示できる。

 レンズにはライカカメラと共同開発した「ライカディコマーレンズ」を採用し、約155万画素のチルト式ビューファインダーも(WXF990Mのみ)搭載する。

 いずれも64Gバイトのストレージメモリを内蔵し、最大128GバイトのSDXCメモリーカードも利用できる。サイズは、WXF990Mが68(幅)×163(奥行き)×78(高さ)ミリ、重さは約405グラム。WX990Mが65×161×73ミリ(同)で約360グラム。VX980Mが65×141×73ミリ(同)で約352グラム。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -