ニュース
2016年01月12日 17時08分 UPDATE

エプソン、「インク2年分」同梱のプリンタ発売 大容量タンクモデルを国内投入

エプソンは大容量インクタンクを搭載するインクジェットプリンタ3機種を発売する。「2年分」のインクを同梱し、低コストなプリントコストをアピールする。

[ITmedia]

 セイコーエプソンは1月12日、大容量インクタンクを搭載するインクジェットプリンタ3機種を2月4日に発売すると発表した。「2年分」のページが印刷できるというインクを同梱し、インクの追加購入と交換の手間を省いて低プリントコストを実現しているという。

photo カラー複合機「EW-M660FT」
photo 大容量インク
photo 側面にセット

 発売するのはA4カラー複合機「EW-M660FT」(実売予想価格*5万円台半ば)、A4モノクロ複合機「PX-M160T」(同2万円台後半)、A4モノクロプリンタ「PX-S160T」(同1万円台後半)。

 それぞれ本体側面に大容量インクタンクを搭載しており、カラーモデル(4色)の「EW-M660FT」にはインクボトルを各色2本ずつ同梱。1カ月当たり300ページをプリントした場合でも約2年分・約1万1300ページを印刷できるという。モノクロの2モデル(顔料インク)もブラックのボトル2本を同梱し、2年分・約1万1000ページのプリントが可能だとしている。

photo モノクロ複合機「PX-M160T」
photo 側面タンクに補充

 同梱インクを使い切った後は追加ボトルの購入で補充する仕組みで、容量はブラックが140ミリリットル、シアン、マゼンタ、イエローが各70ミリリットル。カラーモデルは1枚当たりカラー約0.8円/モノクロ約0.4円、モノクロモデルは約0.3円(それぞれ税別)と、「圧倒的な低コストでプリントが可能」だとしている。

 大容量タンク搭載モデルは海外で販売を伸ばしており、国内にも投入する。ホーム/SOHOユーザーのインク交換の手間を軽減し、コストを気にせずプリントしたいというニーズに対応する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -