ニュース
2016年01月13日 09時50分 UPDATE

「Apple TV」でネットワーク内のあらゆる動画を再生できる「VLC」プレーヤー公開

マルチフォーマット対応の無料メディアプレーヤー「VLC」のApple TV版がアプリストアで公開された。同じネットワーク上の端末内の動画を大画面で再生でき、再生速度の調整も可能だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 マルチメディア関連の仏非営利団体VideoLANは1月12日(現地時間)、米Appleの「Apple TV」向けにマルチフォーマット対応の無料動画プレーヤーアプリ「VLC」をApple TVのアプリストアで公開したと発表した。

 vlc 1

 VLCは、MPEG-2、MPEG-4、H.264、MKV、WebM、WMV、MP3などを含むほとんどのフォーマット(対応フォーマットの一覧はこちら)の動画を変換せずに再生できるオープンソースのメディアプレーヤー。既にMac、iOS、Android、Windows、Chrome OS、Linux版が公開されている。

 SMB、FTP、UPnP/DLNAメディアサーバーなどで同じローカルネットワーク上にある端末内の動画を再生できる。

 vlc 2

 また、「ネットワークストリーム」タブでURLを入力すれば、インターネット上の動画を再生できる。さらに、「リモート再生」タブに表示されるApple TVのローカルなURLを他の端末のWebブラウザに入力し、開いたページに動画ファイルをドロップすることで、Apple TVでその動画を再生できる。

 vlc 3 リモート再生

 VLCでは、動画の再生、一時停止、チャプターの頭出しが可能な他、再生速度の調整もできる。

 vlc 4 8段階の速度調整が可能

 今後のバージョンアップでクラウドストレージ上の動画の再生も可能にする計画という。現在、Dropbox、OneDrive、Boxでβテスト中だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -