ニュース
2016年01月13日 13時02分 UPDATE

「卍」はナチス想起させるので「三重の塔」に 外国人向け地図記号、国土地理院が作成へ

寺の地図記号「卍」はナチスを想起させるので不適当──国土地理院、訪日外国人が分かりやすいようにする外国語版地図記号を新たに作成する。

[ITmedia]

 寺の地図記号「卍」はナチスを想起させるので不適当──国土地理院はこのほど、訪日外国人が分かりやすいようにする外国語版地図記号や地名などの表記ルールについて、有識者会議がまとめた報告書を公表した。これを受けた地図記号を年度内に作成して公表し、民間などにも活用を促していく。広く利用されるネットサービスにも影響がありそうだ。

photo 「卍」は外国人から「ナチス・ドイツを連想させる」という声=国土地理院の資料より
photo アンケートの結果や推奨記号の一部

 外国人向け地図記号では、既に利用されているピクトグラム(絵記号)との整合性や見やすさを重視した上で、外国人に東京・浅草の浅草寺周辺などでアンケート調査した結果を踏まえ、外国人観光客が必要とする18の施設について、推奨する記号をまとめた。

 ホテルはベッドのデザインが推奨され、「H」マークは病院(Hospital)などと混同されるので不適当とされた。寺院は2万5000分の1地形図では「卍」記号だが、「アンケート調査でナチス・ドイツを連想させるという意見が多数あり、不適当と判断」し、アンケート結果を踏まえて「三重の塔」マークとしている。

 郵便局は「〒」マークは外国人になじみにくいので「封筒」の記号に。病院は、2万5000分の1地形図では十字を囲む盾の形になっているが、アンケートでは「教会、盾、墓などと間違える」という意見が多く、十字を四角で囲った形が望ましいとした。新たな記号としてイスラム教のモスクなども提案している。

 一方、神社の鳥居記号は2万5000分の1地図記号そのままとし、「温泉」マークも広く使われているとしてそのままでOKとした。

photo 「卍」はナチスのマークと混同するという意見が多かった
photo 温泉マークはそのまま推奨されたが、アンケートでは「温かい飲み物」と混同するという意見も

 新たに作成する地図記号は、国土地理院が外国語版地図を作成する際の基本として採用。関係機関や自治体、民間地図会社などにも広く活用を促していく。

地名の英語表記にもルール

 地名の英語表記についても、地形や種別を表す部分を英語に置き換える「置換方式」を原則に定めた。筑波山は「Mt.Tsukuba(「Mt.Tsukubasan」などはNG)、利根川は「Tone River」(「Tonegawa River」などはNG)となる。

 ただ、「月山」「荒川」のように置換すると意味不明になる場合は地形や種別を表す英語を追加する「追加方式」とした。月山は「Mt.Gassan」、荒川は「Arakawa River」となる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -