ニュース
2016年01月15日 12時17分 UPDATE

1月後半は平年を下回る寒さに 冬本来の冷え込みと大雪に警戒

気象庁が1カ月予報を発表。関東から西は平年よりも低い厳しい寒さ、日本海側は大雪が見込まれています。

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp
photo 北日本:北海道、東北 東日本:関東〜東海 西日本:近畿〜九州

 気象庁は14日、1カ月予報を発表しました。期間の前半は東日本から沖縄・奄美で気温がかなり低く、日本海側で雪の降る量がかなり多くなる所がある見込みです。予報期間は1月16日から2月15日です。

関東から西 前半は厳しい寒さ 日本海側は大雪

 東日本と西日本、沖縄・奄美では、1月16日から22日は気温が平年より低く、特に西日本は低い確率が80%とかなり低くなっています。その後、23日から29日にかけても平年並みか低いでしょう。1月中は、厳しい寒さの日が多くなりそうです。

 また、日本海側では雪の降る量が平年並みか多く予想されています。特に、来週は一段と強い寒気が流れ込んで、大雪になる所がある見込みです。

異常天候早期警戒情報も

 気象庁はあわせて、低温と大雪に関する異常天候早期警戒情報も発表しました。19日頃からの1週間、関東や北陸から西の各地で気温が平年よりかなり低くなるとみられます。

 また、東北から山陰の日本海側、群馬県北部、長野県北部、岐阜県山間部では、平年より雪の降る量がかなり多くなる見込みです。このところ冬型の気圧配置が長く続かない状況でしたが、来週は大雪や厳しい寒さに警戒が必要です。

photo

異常天候早期警戒情報とは

 「低温に関する異常天候早期警戒情報」は、7日間平均気温が「かなり低い」となる確率が30%以上と見込まれる場合に、「大雪に関する異常天候早期警戒情報」は、7日間降雪量が「かなり多い」となる確率が30%以上と見込まれる場合に発表されます。

 今回の対象期間は、1月19日〜28日です。

1カ月予報 各地の天候

北日本の日本海側

 1月16日〜22日は平年に比べて曇りや雪の日が多く、23日以降は平年同様に曇りや雪の日が多いでしょう。

東日本、西日本の日本海側

 1月16日〜29日は、平年に比べて曇りや雪または雨の日が多いでしょう。1月30日からは、平年に比べて曇りや雪または雨の日は少ない見込みです。

北日本、東日本、西日本の太平洋側

 1月16日〜29日は平年と同様に晴れる日が多いでしょう。1月30日からは平年に比べて晴れの日が少ない見込みです。

沖縄・奄美地方

 低気圧や前線の影響で、平年に比べて曇りや雨の日が多いでしょう。

Copyright (C) 2016 日本気象協会 All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -