ニュース
2016年01月20日 15時47分 UPDATE

前TwitterのCEO、ディック・コストロ氏がフィットネスアプリ企業を立ち上げへ

2015年7月にTwitterのCEOを辞任したディック・コストロ氏が、フィットネスアプリの企業を立ち上げると、テキストのスクリーンショットをツイートに添付する形で発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Twitterの前CEOであるディック・コストロ氏は1月19日(現地時間)、フィットネス関連の新企業の立ち上げと、米ベンチャーキャピタルIndex Venturesへの参加を発表した。

 同氏は自身のTwitterアカウントでまず「2つばかりお知らせがあります」とツイートした後、テキストのスクリーンショット画像だけのツイートを2回連続で投稿した。

 コストロ氏は2010年にTwitterのCEOに就任し、2015年7月に辞任した。現在の同社のCEOはジャック・ドーシー氏だ。

 同氏の新事業は、「個人のフィットネス方法を再考するソフトウェアプラットフォーム」を構築するものという。このソフトウェアで、人々は楽しく、ソーシャルにフィットネスに従事できるとしている。

 テキストのスクリーンショットでの発表というのは読みにくいものだが、これは5日にドーシーCEOがTwitterでの140文字制限撤廃についてのコメントを発表したのと同じ方法だ。ドーシー氏は「長文をツイートしたいとき、テキストのスクリーンショットをツイートに添付する人が多い」が、これは不便だと主張した。コストロ氏はこの意見を身を持ってサポートしているようだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -