ニュース
2016年01月22日 15時25分 UPDATE

GoogleとUDACITY、「TensorFlow」で学ぶディープラーニング講座を開設

機械学習に注力するGoogleが、MOOCのUDACITYと協力し、ディープラーニングの基本を無料で学べるコースを開設した。教材には同社のオープンソースの機械学習システム「TensorFlow」を使う。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは1月21日(現地時間)、無料オンライン学習プログラム(MOOC)UDACITYと協力し、ディープラーニングを学べる無料コース「Deep Learning:Taking machine learning to the next level」を開設したと発表した。

 udacity
 tensor

 この短期間の集中コース(約3カ月)は、ニューラルネットワークやLong short term memory network(LSTM)など、ディープラーニングの基本を学べる。学習にはGoogleが昨年11月にオープンソース化した機械学習システム「TensorFlow」を使う。

 このコースを履修すると、機械学習のナノ学位を取得できる上級コース「Machine Learning Engineer Nanodegree」(月額199ドルから)を受講できる。

 Googleは「このコースの目標は、機械学習に高い関心のある人々に、ディープラーニング技術獲得のための迅速な道を提供することだ」と語った。

 Googleによると、GoogleがUDACITYで提供している開発者向けコースの受講者は累計100万人を超えたという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -