ニュース
2016年01月22日 18時53分 UPDATE

“ビジネス版LINE”「Works Mobile」スタート 仕事メール用のスタンプも

ワークスモバイルジャパンが、ビジネス向けにグループウェア「Works Mobile」の提供をスタート。LINEの操作性を踏襲し、スタンプも用意する。

[ITmedia]

 ワークスモバイルジャパンは1月20日、企業向けのグループウェア「Works Mobile」の提供を始めた。Naver傘下で兄弟会社のLINEと連携し、LINEを踏襲したユーザーインターフェース(UI)を採用したほか、ビジネス用のスタンプも用意する。

photo

 メッセンジャーや無料通話、ビデオ通話、メール、カレンダーといった機能を、スマートフォン、タブレット、PCで利用できる。仕事用のスタンプも用意し、メッセンジャーやメールに使えるのも特徴だ。LINEのようなストア方式によるスタンプのダウンロードには対応していない。

photo メッセンジャー、無料電話はLINEのUIを踏襲

 アドレス帳は組織階層に対応し、ワンタップでメッセンジャーや無料通話、ビデオ通話を開始できる。カレンダーの予定から瞬時にメッセージも送れるなど、単体のアプリの中でシームレスな連携が可能という。

photo メールやアドレス帳管理などを1カ所で行える

 企業向けサービスとして、セキュリティ管理、監査・モニタリングといった管理機能も搭載するほか、最大10年分のメールを保存するアーカイブ機能、SLA保証なども提供する。多数のAPIも用意し、パートナー企業の他システムとの連携もできるという。

 料金プランは「ライト」「ベーシック」「プレミアム」の3種類を用意。「ライト」は、メッセンジャー、無料通話、ビデオ通話、アドレス帳、ホーム、デバイス管理、監査・モニタリング、SLA保証を利用できる。利用料金はユーザー1人につき、年額3600円か月額360円(税別)から選べる。

 「ベーシック」は、「ライト」の機能に加え、メール、カレンダー、個人Drive容量(30Gバイト)、グループDrive容量(1Tバイト)が使える。1ユーザーごとに、年額は6000円、月額は600円(同)。

 「プレミアム」プランは、「ベーシック」の機能に、メールのアーカイブを追加。メールの保存容量は無制限、個人Drive容量は1Tバイト、グループDrive容量は10Tバイトに拡張される。1ユーザーごとに、年額1万2000円、月額1200円(同)が掛かる。

photo 料金プランの一覧

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -