ニュース
2016年01月26日 18時05分 UPDATE

SCE、「ソニー・インタラクティブエンタテインメント」に社名変更 PSN手がけるSNEIと統合

PlayStationシリーズのハード・ソフト事業を手がけるSCEと、PSNを展開するSNEIが統合。新会社「ソニー・インタラクティブエンタテインメント」が4月に発足。

[ITmedia]

 ソニーグループでPlayStation(PS)シリーズのハードウェア事業などを展開するソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)と、PlayStation Network(PSN)などを手がけるソニー・ネットワークエンタテインメントインターナショナル(SNEI)は1月26日、両社が4月1日付けで統合し、新会社「ソニー・インタラクティブエンタテインメントLLC」(SIE)になると発表した。

 新会社は本社を米カリフォルニア州サンマテオに置き、東京・ロンドンにもグローバル規模でビジネスを推進する組織を設置する。社長にはSCE社長のアンドリュー・ハウス氏が就任。4月1日から事業をスタートする。

 SCEのハード・ソフト・コンテンツ事業と、SNEIが手がけるPSNやストリーミングゲームサービス「PlayStation Now」、音楽配信サービス「PlayStation Music」などを統合。競争力を強化し、ユーザーの期待によりスピーディーに応えるとしている。

 事業戦略は従来通り、PSシリーズのユーザーの維持・拡大、購買ユーザー1人あたりの売上の向上・関連売上の増大。経営目標も引き継ぎ、2017年度にソニーグループのゲーム&ネットワークサービス分野として売上高1兆4000億円〜1兆6000億円・営業利益率5〜6%を目指す。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -