ニュース
2016年01月27日 13時22分 UPDATE

Twitterの実況アプリPeriscope、GoProカメラでの実況が可能に

ウェアラブルカメラの「GoPro HERO4」(Black/Silver)のライブ動画をTwitterのタイムラインに直接配信できるようになった。Twitterの実況アプリ「Periscope」を使う(まずはiPhone版が対応)。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Twitterとウェアラブルカメラの米GoProは1月26日(現地時間)、Twitterの実況アプリ「Periscope」でGoProカメラの映像を実況できるようにしたと発表した。「iPhone 5s」以降に搭載のPeriscopeと「GoPro HERO4」(Black/Silver)の組み合わせで利用できる。

 gopro 1 GoPro HERO4 BlackとSilver

 Twitterは今月、PeriscopeをTwitterのタイムライン上で視聴できるようにしたので、GoProユーザーは手軽にTwitterに実況中継できるようになる。

 gopro 2 periscopeに表示されるGoProボタン

 利用するにはGoProをWi-Fiに接続して動画モードにし、iPhoneのPeriscopeを起動してブロードキャストボタンをタップすると自動的にGoProボタンが表示されるので、タイトルを追加して配信を開始する。

 配信を開始したら、iPhoneの画面のダブルタップでGoProとiPhoneのカメラ切り替えが可能になる。iPhone画面をロックするボタンも追加されたので、iPhoneをポケットに入れたりしたときに誤ってカメラを切り替えてしまうようなことはない。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -