ニュース
2016年01月27日 14時00分 UPDATE

Google傘下のWazeのナビ機能をUberの競合Lyftが統合

Uberと競合する配車サービスのLyftがGoogle傘下のWazeと提携し、WazeのリアルタイムナビSDKをドライバー用アプリに統合した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米配車サービスのLyftは1月26日(現地時間)、米Google傘下のWazeのリアルタイムナビ機能「Waze Transport SDK」を統合したと発表した。米国のLyftドライバーは、Lyftのアプリ内でWazeのナビサービスを利用できる。

 Waze Transportは、Wazeユーザーのクラウドソースによって集められたリアルタイムの交通情報に基いて、目的地までの最善ルートを表示する。これによりドライバーはこれまでより迅速に乗客をピックアップ/送り届けることができ、一方、LyftのドライバーがWazeに参加することで、Wazeの情報の確度がより高くなるとしている。

 waze Waze Trasport SDK

 Lyftは米Uberと競合する配車サービス。現在は米国内でのみ利用できる。Wazeは日本でもダウンロードして利用できるが、基本地図が完成している地域でないと正確な情報は得られない。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -