ニュース
2016年01月28日 16時53分 UPDATE

さくらインターネット、国内向けCDNサービスを開始

さくらインターネットが、国内向けに「コンテンツ配信サービス」の提供をスタートした。

[ITmedia]

 さくらインターネットは1月28日、国内向けに「コンテンツ配信サービス」の提供を始めた。Webサイトに加え、オンラインゲーム、大容量アプリケーション、ファームウェア、音楽、動画、広告、画像――などを高速・安定的に配信できる。

photo

 サーバや回線の設計・構築の手間なく、同社のストレージにファイルをアップロードするだけで配信が可能。配信の元データを格納する「オリジンサーバー」を用意する必要もなく、利用者はコンテンツ管理と拡充に専念できるとうたう。

 1Gバイトから数百Tバイトまでストレージを利用でき、対応プロトコルはHTTP、HTTPS、アップロード方法はFTP、SCP、rsyncなど。データ転送量/ストレージ使用料は、1Gバイト当たりの従量課金制だ。

 総計600Gbps以上の大容量バックボーンに直結し、同社のデータセンター(東京・大手町)から配信。サーバーへの負荷を分散させ、突発的なアクセス集中によるWebサイトの表示速度の低下、サーバーダウンなどを防ぐという。

photo

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -