ニュース
2016年01月28日 17時37分 UPDATE

東芝「dynabook」などのバッテリーに発火の恐れ 約9万5000個が回収対象に

東芝は、ノートPC「dynabook」シリーズなどのバッテリーパックに発火の恐れがあるとして、約9万5000個を無償交換する。

[ITmedia]

 東芝は1月28日、2011年6月から15年3月に製造したノートPCに搭載したバッテリーパックに発火の恐れがあるとし、9万5811個を無償で交換すると発表した。

 対象のバッテリーはパナソニック製で、「dynabook」「dynabook Qosmio」「dynabook Satellite」「dynabook Satellite」「PORTEGE」「TECRA」などの150機種に搭載されている可能性があるという。機種の詳細や交換対象かどうかの確認方法はWebサイトで案内している。

 不具合の原因は、同社工場の製造設備内でバッテリーセル内に異物が混入したためとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -