ニュース
2016年02月02日 17時51分 UPDATE

オンライン登録のみでAmazonの仕入れ先に 「Amazonベンダーエクスプレス」

オンラインの手続きだけでAmazonの仕入れ先になれる「Amazonベンダーエクスプレス」が日本でもスタートした。

[ITmedia]

 アマゾンジャパンは2月1日、オンラインの手続きだけでAmazonの仕入れ先になれる「Amazonベンダーエクスプレス」を開始した。事業者が商品をオンラインで登録し、Amazonの倉庫に送付すると、Amazonが商品を買い取り、商品管理や販売、発送、返品まで対応する。無料で利用でき、最短1日でAmazonの仕入れ先になることができるとしている。

画像

 事業者は、銀行情報や商品画像などをオンラインで登録し、Amazonの倉庫に商品を配送すればOK。配送費用はAmazonが負担する。新しい商品の場合は顧客が興味をもつか試すため、少量のみ無料で提供する必要がある。

 商品の仕入れ価格は事業者がAmazonに提案。Amazonは類似商品のデータから仕入れ価格を自動で算出し、想定内なら提案が承諾される。想定価格より高ければ、低い価格を提案する。

 従来、Amazonの仕入先になるには、バイヤーを通して契約を結び、商談で価格などを決めて商品を卸す必要があったが、新サービスではバイヤーを介することなくオンライン上のセルフサービスで仕入先になれる。

 同サービスは米国で2014年6月にスタート。ドイツ、イギリスでも導入しており、日本が4カ国目。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -