ニュース
2016年02月05日 18時02分 UPDATE

虚淵玄さん新作は人形劇「東離劍遊紀」 台湾伝統文化と日本のコンテンツが融合

シナリオライターの虚淵玄さんが原案・脚本・総監督を担う、人形劇を題材とした映像作品「東離劍遊紀」の制作が発表された。

[ITmedia]

 アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」などのシナリオライター・虚淵玄さんが手掛ける人形劇のプロジェクト「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀」(サンダーボルトファンタジー トウリケンユウキ)が2月5日に発表された。2016年夏にTVシリーズとして放映を予定する。

 台湾の伝統的な人形演劇「布袋劇」(ほていげき)を題材に、同劇を制作する霹靂社とコラボし、原案・脚本・総監督を虚淵さんが手掛ける完全新作の日台合同映像企画だ。

 キャラクターデザインはニトロプラスが担当し、人形の造形アドバイザーとして、フィギュアメーカー・グッドスマイルカンパニーが参加する。キャラクターの声は、鳥海浩輔さん、諏訪部順一さん、中原麻衣さん、関智一さんらが演じるほか、主題歌はT.M.Revolutionの新曲になる見込み。

photo 公式サイトより
photo

 虚淵さんは、Webサイトで「アナログアクションの素晴らしさ、決してあせない技と匠の世界が『布袋戯』を作り上げている」「どうしてこれが日本で話題にならないのか。『すごい』と思うと同時に、『もったいない』と感じた」と魅力を語り、新たな文化として定着するような「斬新で刺激的な作品として期待」してもらえれば――と意気込みをコメントしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -