ニュース
2016年02月10日 22時56分 UPDATE

Twitterに「タイムラインの優先表示」機能(無効化可能)

Twitterが、タイムラインを改変するのではなく、補足する新機能を追加した。ユーザーにとって重要な(とアルゴリズムが判断した)ツイートを一時的に優先表示し、リフレッシュすると通常の新着順タイムラインに戻れる。この機能はオプションで無効にでき、従来のタイムラインは今後もそのままだ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Twitterは2月10日(現地時間)、ユーザーにとって重要とアルゴリズムが判断したツイートをタイムラインの上部に表示する新機能「タイムラインの優先表示」を全ユーザーに向けて追加したと発表した。

 2015年1月からある「Recap(あなたがいない間に)」をより発展させたような機能で、しばらく(どのくらいかは不明)離れていた後でTwitterのタイムラインを開くと、離れていた間に溜まっていた、ユーザーにとって重要とTwitterのアルゴリズムが判断した復数のツイートが上部に表示される。

 Recapとの大きな違いは、Recapはツイートがランダムに表示されたが、新機能では新着順に表示される点だ。

 優先表示されるツイートの数はフォローする相手の数や不在だった期間にもよるが、普通にスクロールしていくことで重要なツイートをキャッチアップできる。画面をリフレッシュすると通常のリアルタイムの新着順(新しいツイートほど上に表示される)のタイムラインに戻る。リフレッシュするには、モバイルアプリは上から下にスワイプする。Webブラウザの場合は再読み込みすればいい。

 この機能はオプトイン(初期設定では無効)のオプションとして提供されるが、提供開始からしばらくは自動的に有効になり、有効であることをタイムライン上ではっきり告知するとしている。

 この告知をタップ(クリック)すると、機能の設定変更方法の説明が表示される。

 日本語のヘルプには以下のように説明されている。

 timeline 0

 優先表示を無効にするには、「アカウント」→「設定」で表示されるページに新たに追加された「タイムラインの表示設定」をタップして表示される画面で「重要な新着ツイートをトップに表示」をオフにする。

 timeline 1 無効方法(iOSの場合)

 なお、「タイムラインの優先表示」は「あなたのいない間に」と基本的に同じコンセプトではあるが、当面は併存させるという(「あなたのいない間に」機能はオフにできない)。

 この発表の前に、Twitterがタイムラインの表示を新着順ではなくすといううわさが立ち、ジャック・ドーシーCEOが否定したように、タイムライン自体は変わらない。

 米Facebookがかつて実施したように、「ハイライト」と「最新情報」の2種類のニュースフィード(Twitterの場合はタイムライン)にするわけではなく、通常のタイムラインに余計なアルゴリズムを追加するわけでもない。

 あくまでも、Twitterから離れている間に読み損ねた可能性のあるツイートを表示するための機能であり、不要であれば従来通りの新着順の時系列タイムラインのみを使い続けられる。

 連投ツイートで一連のストーリーを展開しているような場合、その中の1つが唐突に表示される可能性があるが、そのストーリーの存在すら知らずに過ぎてしまうよりはよさそうだ。ツイートしたユーザー名をタップすればストーリー全体にたどり着けるだろう。

 また、例えば炎上したツイートを修正あるいは謝罪する場合、リプライとしてツイートすれば、トップに表示されたツイートと一緒にリプライも表示されることになる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -