ニュース
2016年02月17日 17時44分 UPDATE

東京都心 花粉の飛散開始 早めの対策を

東京都心は13日に花粉の飛散開始を確認。3月のピークに向け、早めの対策を。

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp

 日本気象協会の観測で、東京大手町で花粉の飛散開始が確認されました。飛散開始日は2月13日(土)で、東京都心もいよいよスギ花粉のシーズンがスタートしました。花粉対策はお早めになさってください。

photo

東京都心も いよいよ花粉シーズン

 日本気象協会の観測で、東京大手町で花粉の飛散開始が確認されました。

  • 東京大手町 2月13日(土) 飛散開始

 昨年(2月8日)より5日遅く、例年と比べて、おおむね同じ時期の観測となりました。

 「花粉の飛散開始」とは、1平方センチメートルあたり、1個以上のスギ花粉が2日続けて観測された最初の日と定義されています。

 上図の日本気象協会発表のスギ花粉前線の予測では、この先は西日本の広い範囲、東日本の太平洋側、そして日本海側から東北地方へと順に広がっていく見込みです。

スギ花粉のピークとなる時期は?

 スギ花粉のピークとなる時期は、ほぼ例年並みでしょう。

  • 【九州】 2月下旬から3月上旬
  • 【中国・四国・近畿・東海・関東】 3月上旬から中旬
  • 【北陸・東北】 3月中旬から下旬

 スギ花粉のピークが過ぎた後は、ヒノキ花粉がピークを迎えそうです。北陸と東北は、4月にヒノキ花粉が飛びますが、飛散数が比較的少なく、はっきりとしたピークはない見込みです。

photo
photo

スギおよびヒノキ花粉(北海道はシラカバ)の総飛散数

  • 【九州・四国・近畿】 例年より非常に少ない
  • 【中国・東海・北陸】 例年より少ない、もしくはやや少ない
  • 【関東】 例年並み
  • 【東北】 例年よりやや多い
  • 【北海道】 例年より非常に少ない

 これからは各地で、花粉シーズンを迎えます。花粉症の方は、早めの対策を心がけてください。現在、花粉症でない方も、念のためマスクなどで予防をされると良いでしょう。

Copyright (C) 2016 日本気象協会 All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -