ニュース
2016年02月17日 18時40分 UPDATE

日本郵政かたる不審メール急増 注意を

日本郵政グループをかたる不審なメールが送りつけられるケースが急増しているとして、日本郵政が注意を呼び掛けている。

[ITmedia]

 日本郵政グループをかたる不審なメールが送りつけられるケースが急増しているとして、日本郵政が注意を呼び掛けている。問い合わせが2月15日から増え、1日300件を超えているという。

photo 不審メールの例=ニュースリリースより

 不審メールの例は、「商品を配達するために電話で連絡したが、つながらなかった。最寄りのJAPANPOST 取り扱い郵便局まで問い合わせを」などとして連絡を求める内容。送信者欄に部分的に「日本郵政」「JAPAN POST」などと表示されているという。

 日本郵政と日本郵便はこうしたメールを送信することはないとして、メールを受信した場合、安易にリンク先にアクセスしたりしないよう注意を呼び掛けている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -