ニュース
2016年02月17日 20時06分 UPDATE

「パックマン」の目線で楽しむVRゲーム「MilboxTouch ver. VR PAC-MAN」

段ボール製のゴーグルを装着し、「パックマン」の世界に没入できるVRゲームアプリ「MilboxTouch ver. VR PAC-MAN」がクラウドファンディングで開発費を募っている。

[ITmedia]

 「パックマン」の目線になって、立体的な360度の視野で遊べるゲームアプリ「MilboxTouch ver. VR PAC-MAN」が、クラウドファンディングサイト「Makuake」で開発費用を募っている。支援は1000円(税込)から。

photo 「Makuake」のプロジェクトページより

 あらかじめアプリをダウンロードしたスマートフォンを、段ボール製の仮想現実(VR)ゴーグル「MilboxTouch」の前面にセット。ゴーグルを装着すると「パックマン」の世界で、あたかも自分自身が敵キャラクターに追いかけられているような臨場感を味わえるという。

photo MilboxTouch

 ルールは通常の「パックマン」と変わらず、クッキーを食べつくすとステージクリアとなる。画面が崩壊し、クリア不可能になる「256面のバグ」も再現する。

photo 通常の「パックマン」と同じルール
photo パックマンの目線で操作
photo 敵キャラクター「ゴースト」に3回捕まるとゲームオーバー
photo
photo 「256面のバグ」も再現

 IoT(Internet of Things)製品を手掛けるWHITEが、明治大学と共同でゴーグルを開発。ゴーグル側面のタッチセンサーを時計回りに触ると「パックマン」が前進し、反時計回りに触ると後退する。方向転換したい場合は、行きたい方向に自分の体を向ける。立体視の機能はなくなるが、ゴーグルが不要の「ノーマルモード」も用意する。

photo
photo

 バンダイナムコエンターテインメントの「カタログIPオープン化プロジェクト」に参加し、パックマンのVRゲームが実現した。

 ゴーグルの「MilboxTouch」(税込2000円)とAndroid版アプリ(300円)は4月上旬に発売が決まっているが、iOS版も追加するべく「Makuake」で開発費用を募る。プロジェクトが達成すれば、5月末のリリースを予定する。

photo

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -