ニュース
2016年02月19日 17時47分 UPDATE

日本オンラインゲーム協会、会員企業向けガイドラインをPC/スマホ統合 「市場拡大とサービスの多様化に対応」

日本オンラインゲーム協会(JOGA)がオンラインゲーム運用ガイドラインを改訂し、PC向け、スマホ向けを統合した。

[ITmedia]

 日本オンラインゲーム協会(JOGA)は2月19日、オンラインゲーム開発・運用に関する「JOGAガイドライン」を改訂し、PC向け/スマートフォン向けを統合した。4月1日に施行する。

photo 「ランダム型アイテム提供方式を利用したアイテム販売における表示および運営ガイドライン」はPC/スマホ両デバイス向けの内容に

 改訂で、PC向けとスマホ向けのデバイス別に作成していたガイドラインを統合。「スマートフォンゲームアプリケーション運用ガイドライン」を廃止し、記載内容を「オンラインゲーム安心安全宣言」「オンラインゲームにおけるビジネスモデルの企画設計および運用ガイドライン」「ランダム型アイテム提供方式を利用したアイテム販売における表示および運営ガイドライン」――の3種と統合した。

 「オンラインゲーム安心安全宣言」には(1)利用規約に関する項目、(2)未成年者保護に関する項目、(3)スマホゲームアプリにおける個人情報保護に関する項目を追加した。

 「ランダム型アイテム提供方式を利用したアイテム販売における表示および運営ガイドライン」は、タイトルを変更し、表現の修正、有料ガチャの表示に関する事項の一部を変更している。

photo 「オンラインゲームにおけるビジネスモデルの企画設計および運用ガイドライン」ではガチャの販売形式を図解している

 同協会はオンラインゲーム業界が抱える問題に対応するため、2012年にPC向け、2013年にスマホ向けを制定・施行し、会員企業にコンプライアンスの徹底を図ってきた。スマホ向けゲーム市場の拡大に伴う利用者増、サービスの多様化に対応するべく、昨年夏から改訂作業を始めたという。

 「ランダム型アイテム提供方式を利用したアイテム販売における表示および運営ガイドライン」の主な変更・追加箇所は以下の通り。

タイトルの変更

  • 「ランダム型アイテム提供方式における表示および運営ガイドライン」→「ランダム型アイテム提供方式を利用したアイテム販売における表示および運営ガイドライン」

記載内容の変更

  • 「オンラインゲーム(インターネットに接続された端末機器、主にパソコンによってプレイするゲームをいう)」→「オンラインゲーム(インターネットに接続された端末機器、主にパソコン、スマートフォン、携帯電話、その他ウェアラブル端末等でプレイするゲームをいいます)」
  • 「有料ガチャにおいて重複して同一のガチャアイテムを入手する可能性の有無およびその条件等を表示する」→「有料ガチャにおいて、特定のガチャアイテムの提供割合を上げる場合などで比較対象表示を行う場合、比較対象となる有料ガチャの名前や販売期間等を明らかにする」

条項の追加

  • 「有料ガチャにおいて不具合が発生した場合、速やかにその事実を表示し、適切な対応を行う」

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -