ニュース
2016年02月25日 09時38分 UPDATE

Googleドキュメント、音声での編集が可能に

Googleドキュメントでは昨年9月から音声でのテキスト入力が可能だが、音声での編集も可能になった。まずは英語版のChromeブラウザ版で、改行やフレーズのコピー&ペースト、箇条書きなどができるようになった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは2月24日(現地時間)、Chromeブラウザ版「Google Docs」(Googleドキュメント)で、音声によるテキストの編集を可能にしたと発表した。まずは英語版で、英語での音声命令が有効になった。

 Googleドキュメントは、昨年9月に音声入力に対応した。音声による入力は日本語にも対応している。ドキュメントの編集画面で[ツール]→[音声入力]を選択するとマイクが表示され、これをクリックすると音声入力できる。

 docs 1

 英語版ヘルプページによると、単語やフレーズのコピー(カット)&ペーストや改行、文字色や文字種の変更、箇条書きなど様々な編集が音声でできるという。

 アカウントの言語とマイクの入力言語を英語にして試してみたところ、「new line(改行)」で改行することもあれば「New line」と入力されてしまうこともあった。

 docs 2 改行もできたが「New line」と入力されてしまうこともあった

 日本語のヘルプページもあるので、将来的には日本語での音声編集も可能になりそうだ。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -