ニュース
2016年02月25日 15時14分 UPDATE

Microsoft、マルチプラットフォームアプリ開発プラットフォームのXamarinを買収

サービスのクロスプラットフォーム化を推進するMicrosoftが、iOS、Android、Mac、Windowsアプリの開発環境を手掛けるXamarinを買収すると発表した。XamarinとMicrosoftのサービスの統合を強化し、エンドツーエンドのアプリ開発環境を提供していく。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは2月24日(現地時間)、マルチプラットフォームのモバイルアプリ開発プラットフォームを提供する米Xamarinを買収することで合意に達したと発表した。買収総額などの詳細は公表されていない。

 xamarin 1

 Microsoftは「われわれはXamarinと長年協力し、XamarinとVisual Studio、Microsoft Azure、Office 365、Enterprise Mobility Suiteを統合し、開発者にクロスプラットフォームのネイティブアプリを開発するためのエンドツーエンドのワークフローを提供してきた。(中略)この買収発表によって、われわれはワールドクラスの開発ツールとサービスをより良くし、シームレスなモバイルアプリ開発体験を提供していく」と語った。

 Xamarinは2011年創業のサンフランシスコに拠点を置く非公開企業。C#でのiOS、Android、Mac、Windowsアプリ開発のためのプラットフォームを提供している。Dow Jones、Boschなどの大企業やGitHub、Rdioなどの新興企業が同社のサービスを利用している。

 xamarin 2

 Microsoftは、この統合により、開発者はマルチプラットフォームのアプリの開発、テスト、提供をエンドツーエンドで行えるようになるとしている。

 Microsoftは近年、Windowsだけでなく、iOSおよびAndroidアプリを提供しており、また、iOSアプリをWindows 10に移植するツールを提供するなど、サービスのマルチプラットフォーム化を推進している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -