ニュース
2016年02月26日 12時30分 UPDATE

YouTube、動画内の顔以外にもぼかし追加が可能に

YouTubeが、2012年に提供を開始した動画上の顔ぼかし機能に、顔以外の動く物体にもぼかしを適用する機能を追加した。走行する車のナンバープレートや表示には不適切な部分を隠せる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Google傘下のYouTubeは2月25日(現地時間)、動画上で表示したくない部分にぼかしを適用する機能を追加したと発表した。デスクトップ版のYouTubeで利用できる。

 同社は2012年、プライバシー保護の目的で、動画内の人物の顔に簡単にぼかしを適用する機能を追加した。

 今回の機能追加で、顔以外にもプライバシー保護のために隠すべき車のナンバープレートなどや、表示に不適切な物体(裸体の一部など)にぼかしが追加できるようになった。

 ぼかしを追加するにはチャンネルの「動画の管理」で編集したい動画を選択し、[編集]→[動画加工ツール]をクリックし、「ぼかし効果」の「カスタムぼかし」の[編集]をクリックする。

 blurr 1

 編集画面が表示されるので、動画上の隠したい部分を選択し下のタイムラインで隠す長さを調節する。これで動いている物体にもぼかしが追加できる。

 blurr 2 編集画面

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -