ニュース
2016年03月02日 15時14分 UPDATE

ロボット犬とリアル犬がストリートファイト

「人間にいじめられる二足歩行ロボット」動画に続いて、「犬と対決するロボット犬」動画が公開された。おなじみBoston Dynamics製のSpot君だ。

[松尾公也,ITmedia]

 Google傘下のロボットベンチャーBoston Dynamicsが開発した四足歩行ロボット犬Spotの新たな動画が2月29日に公開された。今度は本物の犬とのドッグファイトだ。

 Spotは約73キログラムのロボット。電動で油圧アクチュエーター駆動だ。2015年に公開されたものとは、頭部や胴体保護フレームの形状や色が異なるものの、ほぼ同じに見える。この個体は軍用ではなく、唯一の民間ロボットだという。

 屋外駐車場でゲームコントローラとタブレットを持った操縦者がSpotを操作。その不審な姿、動きに対抗して吠える、本物の犬がYouTube動画に収められている。

 本物の犬はSpotのまわりをグルグル回ったり、Spotの動きが変化するとそれに対抗するように回りこんだり逃げたりする、Spotよりかなり小型。最終的にはSpotが座り込み、リアル犬の「勝利」となった。

photo ロボット犬に吠えるリアル犬
photo Spotを追いかける
photo わざとロボット犬を対峙させる意地悪な操縦者
photo YOU WIN!

 別の動画では、Spotが蹴倒された状態から起き上がったり、植え込みを乗り越えたりする様子が収録されている。

photo 足蹴にされ倒れた状態から立ち上がるSpot
photo 駐車場の植え込みも難なく乗り越える

 動画の投稿者は、米国のベンチャーキャピタリストであるスティーブ・ジュルベットソンさん。SpaceX、Tesla Motorsの取締役でもある。写真も自身のFlickrで公開している

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -