ニュース
2016年03月07日 12時11分 UPDATE

トヨタ、木製の自動車「SETSUNA」をミラノデザインウィークに出展

外板やフレームに木材を使用したコンセプトカー「SETSUNA」をトヨタ自動車が発表した。

[ITmedia]

 トヨタ自動車は、「ミラノデザインウィーク2016」(4月12〜17日、イタリア・ミラノ)で、外板やフレームに木材を使用したコンセプトカー「SETSUNA」を出展する。

photo SETSUNA

 外板に杉、フレームには樺など用途に応じた木材を使用。組み付け構造には、くぎやねじを使わない「送り蟻」という日本古来の伝統技法を取り入れ、ボディラインは船のようなカーブに描くようデザインした。機能美と木の色合いを融合させたシートなど、車内のパーツにも工夫を凝らす。

 車名は「刹那」(せつな)という短い時間の繰り返しの中でかけがえのないものになっていく――という思いを込めて命名した。環境や使われ方で色が風合いが変わり、世代を超えて使い続けることができる木材を材料として使うことで“人と車の新たなつながり”のコンセプトを具現化したという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -