ニュース
2016年03月07日 16時10分 UPDATE

さいたま市がファンタジー世界に “地方創生RPG”「ローカルディア・クロニクル」

さいたま市をモデルにしたファンタジーの世界を冒険するRPG「ローカルディア・クロニクル」が4月にリリースされる。

[ITmedia]

 さいたま市をファンタジーの世界観でアレンジした“地方創生”RPG「ローカルディア・クロニクル」(iOS/Android)が4月にリリースされる。無料。

photo 「ローカルディア・クロニクル」の公式サイトより

 北区がモデルの「ノースノース王国」、岩槻区が由来の「ロックゼルゴバ王国」など10の国が舞台。狂暴化したモンスターを前に、ラージシュライン大神殿の聖霊の巫女(みこ)ルーシェが異変の調査に旅立つところから始まる。ゲームの主人公として架空のさいたま市を冒険することで、市への興味と理解を深めてもらうのが狙いだ。

photo

 約200種類のモンスターが登場し、戦いながら旅を進めていく。画面上の十字キーで2Dのマップ内を移動し、戦闘シーンでは「戦う」「逃げる」などのボタンをタップして操作するようだ。

photophotophoto

 作中の会話にはさいたま市にちなんだ話題も盛り込む。実際の企業や店舗も登場するほか、ゲーム内でクーポンを取得できる仕組みも用意する。市外のユーザーも楽しめるように、市民だけしか理解できないローカルネタの乱用は避けているという。

 県内でアプリ関連のサービスを手掛ける井桁屋が開発。昨年10月に、さいたま市産業創造財団が主催する「さいたま市ニュービジネス大賞」でビジネスプラン賞に輝いた。公式サイトでは「ただのゲームではなく、さいたま市の活性化を目指す『地方創生RPG』です」としている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -