ニュース
2016年03月10日 07時31分 UPDATE

「Firefox 45」が公開、多数の深刻な脆弱性を修正

Firefox 45では計22項目の脆弱性を修正した。このうち8項目は、重要度が最も高い「最高」に区分けされている。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Mozilla Foundationは3月8日、Webブラウザ安定版のアップデートとなる「Firefox 45」をWindows、Mac、Linux、Android向けに公開した。

 Mozillaのセキュリティ情報によると、Firefox 45では計22項目の脆弱性を修正した。このうち「Graphite 2ライブラリにおけるフォントの脆弱性」「NSSにおけるASN.1デコード中のバッファオーバーフロー」など8項目は、重要度がMozillaの4段階評価で最も高い「最高」に区分けされている。

ffxsec01.jpg Firefox 45で修正された脆弱性(Mozillaより)

 これらの脆弱性は、延長サポート版のアップデートとなる「Firefox ESR 38.7」でも修正された。

 また、リソースを集中させる目的で、あまり使われていない機能を廃止し、古くなったプラットフォームはサポートを打ち切る方針を打ち出した。この方針に従って、デスクトップ版のタブグループ機能は廃止され、アドオンとして提供することにした。

 Android版ではAndroid 3.0〜3.2.6(Honeycomb)のサポートを打ち切ったほか、2.3〜2.3.7(Gingerbread)のサポートも間もなく終了する。

ffxsec02.jpg 古いAndroidのサポートを大幅に縮小する(同)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -