ニュース
2016年03月10日 15時39分 UPDATE

義肢に“感覚”取り戻す「人工指先」 精度は96%、外科医療などに活用

人工の指先の感覚を電気信号に変換し、ザラザラやツルツルなどの感覚を神経に伝える技術を、スイスとイタリアの大学が共同開発した。

[ITmedia]

 人工的に作った指先を神経につなぐと、義肢の人でもツルツルやザラザラを判別できる――そんな技術をスイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)と伊・聖アンナ大学院大学(SSSA)が開発した。

photo 人工の指先を神経に接続

 センサーを搭載した人工の指先を神経に接続。指先で表面をなぞった時の感覚を電気信号に変換し、ザラザラかツルツルかを96%の精度で判別できる。手を失っていない人も、外科手術をせずに、専用の針を肌に通して神経に接続することで、判別が可能だいう。

photo なぞった時の感覚を電気信号に変換

 感覚神経のメカニズムの解明、義肢の改善のほか、外科医療やレスキュー、製造業などのロボットの感覚センサーにも活用が期待されるという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -