ニュース
2016年03月11日 09時02分 UPDATE

Operaブラウザの開発者版にネイティブな広告ブロック機能追加

Opera Softwareが、WindowsおよびMac OS X版のWebブラウザ「Opera」の開発者版をアップデートし、ネイティブな広告ブロック機能を追加した。ChromeやFirefoxに拡張機能を追加した場合より、読み込み速度が平均で45%高速化できるとしている。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 ノルウェーOpera Softwareは3月10日(現地時間)、デスクトップ(WindowsおよびMac OS X)版Webブラウザ「Opera」の開発者版をアップデートし、ネイティブな広告ブロック機能を追加したと発表した。

 ネイティブな、というのは、米GoogleのChromeやMozillaのFirefoxのような拡張機能としての追加ではなく、アプリ自体に組み込んだという意味だ。従来の拡張機能は、URLやページ内の要素がブロックリストに該当するかどうか判定するのに時間がかかっているが、Operaはネイティブなコードとアルゴリズムを採用したことにより、判定速度を大幅に削減したとしている。同社の調査によると、広告ブロック機能を有効にした場合、ページの読み込みがChrome+広告ブロック拡張機能(AdBlock Plus)の場合より平均で45%高速という。

 opera 1 ページ読み込み速度の比較(Opera調べ)

 使っているフィルターはAdBlock Plusと同じ「EasyList」だ。

 Operaの広告ブロック機能は初期設定では無効になっている。メニューバー右端の盾アイコンをクリックすることで、Webページごとに無効/有効を設定できる。

 opera 2 Webサイトごとに広告ブロックを設定できる

 同社は公式ブログで「広告はウェブの成長を助け、数百万のWebサイトに人々が無料でアクセスすることを可能にしてきた」としつつも、広告の肥大化によるページ読み込みの低速化だけでなく、マルウェアの危険やプライバシー問題への危機感が高まっていると指摘する。

 Operaは広告ブロック機能の追加とともに、広告主に対して「重い」広告が引き起こす問題を理解するためのツールの提供も開始した。「それによって広告業界が目指すべき変革を加速させるものと確信している」という。

 技術的な背景などはこちらの日本語ブログを参照されたい。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -