ニュース
2016年03月14日 15時27分 UPDATE

太平洋を越え、北米の海鳥が飛来? 「アメリカコアジサシ」日本で初確認

北米に生息する海鳥「アメリカコアジサシ」が、日本で初めて捕獲された。約9000キロを旅してきたと考えられる。

[ITmedia]

 山階鳥類研究所は3月1日、北米に生息する海鳥「アメリカコアジサシ」を茨城県で捕獲したことを発表した。約9000キロを旅してきたと考えられ、日本だけでなく、東アジア全体でも初めてという。

photo

 アメリカコアジサシは、北米と西インド諸島の砂浜などで繁殖する小形の水鳥。昨年7月に同研究所が茨城県神栖市で2羽を捕獲し、足に付いていた個体識別用の足環を調べたところ、2012年7月に米国ノース・ダコタ州で放たれた個体だと分かった。放鳥地から回収地までの距離は直線距離で8934キロとなる。

photo 個体識別用の足環
photo 約9000キロを旅してきた

 日本にも生息する「コアジサシ」の近縁種で、野外観察で気付くのは難しいという。これまでの野外調査では見過ごされていた可能性もあり、日本に定期的に渡来しているか、今後も調査を継続するとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -